マッサージをするためには専用のベッドが必要です。

療術を受けて最高の効果を実感しよう

老人ホームの利用

たくさんある老人ホームの種類について

老人ホームというと多くの人は有料老人ホームをイメージするのではないでしょうか。しかし、実際には高齢者が入所する施設はたくさんあります。全部は紹介できませんが、代表的なものをいくつか紹介します。一つ目は老人福祉施設です。以前は特別養護老人ホームといわれていました。介護保険制度の施設であり、要介護認定を受けている人が利用できます。施設利用には介護保険が利用できるため、1割の自己負担ですむために非常に人気があります。順番待ちが多くあり、基本的には重度な要介護度の人でないと入所は難しい状況です。二つ目は老人保健施設です。生活リハビリテーションを行う施設であり、介護保険が利用できます。ずっと利用できる施設ではなく、状態が改善すれば自宅や他の施設に移動することが必要になります。

有料老人ホームの特徴と種類について

有料老人ホームは老人福祉施設や老人保健施設とは違い、民間が運営している老人ホームです。そのため、要介護認定を受けていない人でも施設を利用することが可能です。サービス内容や設備、スタッフの配置状況などは施設によって異なるのが特徴になります。現在では国の介護費用の負担は大きな社会問題となっているため、今後はこの有料老人ホームに期待がかけられています。有料老人ホームにも利用する高齢者の身体レベルによって三つに分けられており、介護付と住宅型と健康型の3種類があります。多いのは住宅型や介護付であり、健康型はほとんどありません。介護付では施設の介護スタッフによる介護サービスを受けることができ、住宅型では外部の介護サービスを利用できます。